納骨堂について学ぶ

納骨堂が今注目されている理由

納骨堂が今注目されている理由 お葬式も色んな形が出てきていますが、あえて一般家庭が行うようになってきたのが、 家族葬です。
核家族化という事もあり、だんだんと一般葬儀をしなくなってきている傾向があります。
さらに、費用もかけたくないという事からそういったコンパクト葬儀となってきているのでしょう。
その後のお墓にも変化が出てきています。
昔はお墓を買っておけば、安心していましたが、最近ではお墓を買ったはいいけど通いきれないという事で、 遠くの墓地よりも近くのお寺の納骨堂が注目されています。
特に都心では、納骨堂が人気です。
その背景には、土地がないという事と管理費用がかかる、また近くなので安心という面です。
若いうちは足腰も丈夫ですから平気ですが、年老いた際にはお墓参りが出来ないという罪悪感に かられてしまいます。
最近ではインターネットお墓参りというものもありますが、それよりも実際に墓前に手を合わせたい という事から、納骨堂を利用する人が増えています。
また、核家族化が進んでいますので、のちのちお墓を持っていても後継者がいないという点と、 子供のいない夫婦や独身の人がこういった納骨堂を選びます。
何回忌かすんだら、合祀にして合同供養をしてくれるという点から、死んだ後も安心だからです。

納骨堂の規約は契約時に確認を

現代ではお墓を持たず、納骨堂へとお骨を預けるケースが増えています。
都会では高層ビルの納骨堂があるようですね。
IDカードを使用し、遺族が供養に訪れる姿をテレビで観たことがあります。
お墓を建ててもその管理や手入れができないからと、別の土地に移し替えたり、永大供養を他院に頼み墓そのものを処分するケースも増えています。
散骨や樹木葬も選ばれていますが、お骨は残したいと考える人も多いようですね。
そこで、納骨堂は需要が高いのですが、納骨堂にはそれぞれ規約があります。
費用や先々の維持費に関することや、供養の作法に関することなどです。
契約した際には、あらかじめ規約の内容を確認することが大切ですね。
室内ですので、お参りするのに雨風にさらされる心配もなく、お墓のように手入れもいりません。
しかし、大切な家族が眠る神聖な場所です。
時々は訪れ、お線香を上げ供養してください。
近年、派手で形式的な葬儀が敬遠され、家族葬というコンパクトで厳かな葬儀形態が増えてきました。
家族葬専門の葬儀会社も増えましたね。
形はどうあれ、弔う意識は同じです。
まごころをこめ供養しましょう。
葬儀も墓も盛大でなくても、亡くなった人を偲ぶ気持ちを大切にしてくださいね。

納骨堂サイト

屋内の納骨室なので季節や天候に左右されないお参りが可能となっております。

納骨堂

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「納骨」
に関連するツイート
Twitter

RT @kongouji093: 非常に兄思いの妹が遂にブチ切れ寺に。「結婚もせず好き放題生きてきた兄が『俺が死んだら骨を海に捨てろ。誰にも迷惑掛けん』と。冗談じゃない。誰が捨てに。後味の悪い。例え身内が無視しても警察、検死、火葬、納骨と誰かの世話に。人は誰一人として他者に迷惑…

RT @kongouji093: 昨今『離檀料』問題が。納骨堂移転に伴う離脱に対し寺側が数百万の請求を。寺はお金というより、檀家離阻止が目的の様だが。が、地裁判例で離檀料上限は50万が妥当と。そもそも離檀料なんて、信仰を含め自由が基本だと。が、遺骨を道端に捨てたり、宅急便で送り…

なお西城のお骨は現在は大阪にある西城姉が建てた「木本家」の墓には実は入っていないという、、西城未亡人「いえ大阪の墓にはまだ(納骨していない)。ファンの方のことを考えたら、こちら(東京)に新しくつくらなければならないと思っています。ただ、まだ具体的には決まっていません」(同P36)

Twitter独り言a.k.a元祖御用一般人@eigadaikirai

返信 リツイート1 1:47

たぶんね、ほんと、たぶんなんだけど 鹿屋のお墓の近くにある新しい神社だったはず… お母さんの旧姓の名前のお墓が鹿屋で たまに行くけど、納骨堂もあって、その隣にこの神社があったはずなんだよな 鹿屋だと中々伏見稲荷みたいな神社見かけないから珍しいなって

Twitter柚子@神社参りしたい。@mmd_citron

返信 リツイート 1:05

地元(一宮・稲沢エリア)フリーペーパー「くれよん11月号」に弊社掲載中! 墓石クリーニング 大好評です。 納骨・法事・追加戒名彫り・改葬などの際に施工される方が急増中です。  kureyon.com #お墓クリーニング #くれよん #一宮 #稲沢 #お墓の悩み #石材クリーニング pic.twitter.com/NLkSLf4SS5

Twitter石材クリーニングの水野@scn_mizuno

返信 リツイート 0:31

録画してたEテレのECDの番組見た。番組タイトルから、個であることと家族を持つことの矛盾みたいなものを解きほぐすのかと思ってたが、そんな事よりも病をおして行った最後の音源のRECの壮絶な風景と、緑の霊園で奥さんと二人の娘さんが納骨する穏やかな場面の対比が印象に残った。よい番組でした。

地元(一宮・稲沢エリア)フリーペーパー「くれよん11月号」に弊社掲載中! 墓石クリーニング 大好評です。 納骨・法事・追加戒名彫り・改葬などの際に施工される方が急増中です。  kureyon.com #お墓クリーニング #くれよん #一宮 #稲沢 #お墓の悩み #石材クリーニング

Twitter石材クリーニングの水野@scn_mizuno

返信 リツイート 0:29

[ハイオーブ連絡] 今日の 10/23 AM5:00~ 10/24 AM5:00まで ラスニテ納骨廟と一部の方は、 轟咆洞・戦練の社・悼まれぬ者の葬室が開放されます。HO&BOを集めましょう~! #DDON pic.twitter.com/UrGSL4dx9R

もし孤独死したら遺骨はどうなるのだろうか… 合同の納骨堂的なのに入るのかな 無縁仏的な感じなのかな

Twitterフォトグラたろぞう@c10vr

返信 リツイート 0:26

人間ひとりがいくらの肥料になるかという量の問題ではなく、心がけの問題だ。火葬にして丈夫な骨ツボに納め、五階建ての納骨堂に納めて、どうしてご先祖さまが成仏できよう。人間みずからが自然の地水火風の不調和をつくりだしているのだ。(「自然のサイクル破壊」3/4)