納骨堂について学ぶ

納骨堂が今注目されている理由

納骨堂が今注目されている理由 お葬式も色んな形が出てきていますが、あえて一般家庭が行うようになってきたのが、 家族葬です。
核家族化という事もあり、だんだんと一般葬儀をしなくなってきている傾向があります。
さらに、費用もかけたくないという事からそういったコンパクト葬儀となってきているのでしょう。
その後のお墓にも変化が出てきています。
昔はお墓を買っておけば、安心していましたが、最近ではお墓を買ったはいいけど通いきれないという事で、 遠くの墓地よりも近くのお寺の納骨堂が注目されています。
特に都心では、納骨堂が人気です。
その背景には、土地がないという事と管理費用がかかる、また近くなので安心という面です。
若いうちは足腰も丈夫ですから平気ですが、年老いた際にはお墓参りが出来ないという罪悪感に かられてしまいます。
最近ではインターネットお墓参りというものもありますが、それよりも実際に墓前に手を合わせたい という事から、納骨堂を利用する人が増えています。
また、核家族化が進んでいますので、のちのちお墓を持っていても後継者がいないという点と、 子供のいない夫婦や独身の人がこういった納骨堂を選びます。
何回忌かすんだら、合祀にして合同供養をしてくれるという点から、死んだ後も安心だからです。

納骨堂の規約は契約時に確認を

現代ではお墓を持たず、納骨堂へとお骨を預けるケースが増えています。
都会では高層ビルの納骨堂があるようですね。
IDカードを使用し、遺族が供養に訪れる姿をテレビで観たことがあります。
お墓を建ててもその管理や手入れができないからと、別の土地に移し替えたり、永大供養を他院に頼み墓そのものを処分するケースも増えています。
散骨や樹木葬も選ばれていますが、お骨は残したいと考える人も多いようですね。
そこで、納骨堂は需要が高いのですが、納骨堂にはそれぞれ規約があります。
費用や先々の維持費に関することや、供養の作法に関することなどです。
契約した際には、あらかじめ規約の内容を確認することが大切ですね。
室内ですので、お参りするのに雨風にさらされる心配もなく、お墓のように手入れもいりません。
しかし、大切な家族が眠る神聖な場所です。
時々は訪れ、お線香を上げ供養してください。
近年、派手で形式的な葬儀が敬遠され、家族葬というコンパクトで厳かな葬儀形態が増えてきました。
家族葬専門の葬儀会社も増えましたね。
形はどうあれ、弔う意識は同じです。
まごころをこめ供養しましょう。
葬儀も墓も盛大でなくても、亡くなった人を偲ぶ気持ちを大切にしてくださいね。

納骨堂サイト

屋内の納骨室なので季節や天候に左右されないお参りが可能となっております。

納骨堂

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「納骨」
に関連するツイート
Twitter

宝寿)私が幼い時に住んでた近所にお寺が有りました。私はお墓に行ったり、納骨に行っては亡くなっている人と話しをしていました。夜まで話しをしては帰っていました。 #占い

Twitter宝寿(ほうじゅ)@hoojyu__

返信 リツイート 4秒前

がーんんΣ( ̄ロ ̄lll) 納骨終わって遠くのお医者についでと来てみたらお休みだった。 また明日来なきゃ。 片道1時間半もかかるのに

Twitter目指せ明るい老後@akaruirogo

返信 リツイート 9分前

来週は病院行ったり納骨したりパパの故郷の群馬行ったり忙しくなるし休みの日はゆっくり休もう。お前常に休んでるだろって感じだけどさ

納骨堂とトンカツどう?で韻踏める

四十九日法要の打ち合わせを総代さんとしました。 亡くなってから1日が早い。もう1ヶ月以上経つ。 納骨したら父が本当に遠くに行ってしまいそうな気がして泣きたくなる。てか泣いてる(´;ω;`) ぐすん。

Twitterきりんれもん🍋忌中@kirin_buddhist

返信 リツイート 41分前

下川町検索結果 「カラス」の問題も含め、・・・全体が芝居じみてますよね。 ※(納骨堂事情)町内会役員が熟知していなければいけない問題。

下川町検索結果 一例 「ちょっとお尋ねしたいことがあるのですが。納骨堂とか、この辺では皆さんどうされてます。いや、親の問題とかいろいろあって...(回答:多数寄せられる)」

実父の納骨を終えて皆で実家に行ったら玄関に鍵が。いつも家にいた父が居なくなったのを機に、やっと姉家族にも防犯意識が芽生えたのかと思ったら、姉曰く「勝手に玄関の中に採れた野菜を置かれる。先日は仏壇にお線香があげてあった。誰だかわからずお礼が出来なくて困るから」。防貢物対策かよ!

実父の納骨を終えて皆で実家に行ったら玄関に鍵が。いつも家にいた父が居なくなったのを機に、やっと姉家族にも防犯意識が芽生えたのかと思ったら、姉曰く「勝手に玄関の中に採れた野菜を置かれる。先日は仏壇にお線香があげてあった。誰だかわからずお礼が出来なくて困るから」。防貢物対策かよ!