納骨堂について学ぶ

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか 従来のお墓に遺骨を納骨して安置するというスタイルをとらず、最近では管理が楽な納骨堂に遺骨を納骨して日常の管理から解放されるというスタイルが人気を集めています。
そこで気になるのは納骨堂にはどの程度の期間預けられるのかといった点でしょう。
細かい期間については預け先の寺によって大きく異なるのが現況です。
例えば一般的なのは三回忌や七回忌といった節目の周忌まで納骨堂で遺骨を管理し、その後は合同供養塔にて合祀をするというものです。
昔のように長い間法要を行う遺族というものが減ってきている現代では、短い期間の法要で終わらせるケースが多いためニーズに叶った供養をしてもらうことが可能でしょう。
なかには恒久的に遺骨を納骨してくれるという寺もあるため、大切なことは故人本人の生前の希望や、残された遺族がどの程度の期間納骨堂に遺骨を安置していて欲しいのかを最初に明確にしておき、希望に沿ってくれるお寺を選ぶことでしょう。

納骨堂の権利について

現在は社会背景によって、本人が無くなってから遺骨をお墓ではなく納骨堂を利用することが普通になっています。
昔はお墓を建てるまでの一時的な期間、納骨堂を利用するイメージが強かったのですが、現在では永代納骨する施設というイメージがついています。
この施設は墓地として都道府県知事の許可を受けている霊園や寺院に限られており、納骨の形式もその霊園や寺院の施設によって異なっています。
一般的にお墓と納骨堂には取得する権利に違いがあり、お墓の場合は、建てるときに永代使用権という権利を取得するのに対し、納骨堂は施設の中に遺骨を預かってもらう権利の遺骨の寄託契約をするといった権利の違いがあります。
施設の中には永代使用権が付与されているところもあり、この場合はお墓とほとんど変わりが無く、永久に使用できるのですが、三十三回忌や五十回忌の法要後に合祀される場合もありますので、跡継ぎがいないケースにはとても適した施設です。

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お盆」
に関連するツイート
Twitter

計画年休とかいう年末年始お盆に勝手に有給とかれるくそ制度

Twitterあゆみ@月曜東リ22a@hatamu_26

返信 リツイート 13秒前

キムライズムリリイベ申し込んだ(*´꒳`*)当たれ〜〜〜!でもお盆だから飛行機代ホテル代が怖い

返信先:@Akaringogo8 一日違いです! でもアプリの予定日は私も8月16日なんです✨ お盆ベビー😆

長島スパーランド、ジャズドリーム長島、長島プール お盆、年末年始、GW渋滞回避方法!絶対必見! 2723norio.blog.fc2.com/blog-entry-19.…

返信先:@Shi_on1120 すごい、、僕だったら寂しくて死んじゃう😢 そう!お盆とかGWとか年末年始休み全然ないけど有給と公休くっつけて5連休が年2回とれるんでwwまあ、あったとしても東京いるからいけないかなw 1はさすがにやばいwwそんな数字ついたことないw

Twitterらいたん@殺鯖@rai_ameru

返信 リツイート 3分前

お盆の色が一緒

返信先:@sharenewsjapan このひとが亡くなるとき、千里眼という能力が欲しい。 本当に地獄というものがあって鬼に囲まれ傷めつけられて業火に焼かれるのか見てみたい。お盆の由来にそう書かれている。

席に一人で置いてくわけにもいかないし、ベビーカー+味噌汁とか乗ったお盆とか危険やし、いつもわざわざ抱っこひもに変えて受け取りに行って、またベビーチェアに座らせて…みたいなことしてたの ほんとめちゃめちゃ楽だった

Twitterへにゅー(おかん歴1y)@henyu919

返信 リツイート 12分前

8月 お盆休みはバイト テストはあるわ実習はあるわでしんどかったね

返信先:@yuripc_n 書き物の台として使ったことはあるけどお盆はない()

Twitterアイズたん@乱打苦手マン@tr02041

返信 リツイート 14分前