納骨堂について学ぶ

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか 従来のお墓に遺骨を納骨して安置するというスタイルをとらず、最近では管理が楽な納骨堂に遺骨を納骨して日常の管理から解放されるというスタイルが人気を集めています。
そこで気になるのは納骨堂にはどの程度の期間預けられるのかといった点でしょう。
細かい期間については預け先の寺によって大きく異なるのが現況です。
例えば一般的なのは三回忌や七回忌といった節目の周忌まで納骨堂で遺骨を管理し、その後は合同供養塔にて合祀をするというものです。
昔のように長い間法要を行う遺族というものが減ってきている現代では、短い期間の法要で終わらせるケースが多いためニーズに叶った供養をしてもらうことが可能でしょう。
なかには恒久的に遺骨を納骨してくれるという寺もあるため、大切なことは故人本人の生前の希望や、残された遺族がどの程度の期間納骨堂に遺骨を安置していて欲しいのかを最初に明確にしておき、希望に沿ってくれるお寺を選ぶことでしょう。

納骨堂の権利について

現在は社会背景によって、本人が無くなってから遺骨をお墓ではなく納骨堂を利用することが普通になっています。
昔はお墓を建てるまでの一時的な期間、納骨堂を利用するイメージが強かったのですが、現在では永代納骨する施設というイメージがついています。
この施設は墓地として都道府県知事の許可を受けている霊園や寺院に限られており、納骨の形式もその霊園や寺院の施設によって異なっています。
一般的にお墓と納骨堂には取得する権利に違いがあり、お墓の場合は、建てるときに永代使用権という権利を取得するのに対し、納骨堂は施設の中に遺骨を預かってもらう権利の遺骨の寄託契約をするといった権利の違いがあります。
施設の中には永代使用権が付与されているところもあり、この場合はお墓とほとんど変わりが無く、永久に使用できるのですが、三十三回忌や五十回忌の法要後に合祀される場合もありますので、跡継ぎがいないケースにはとても適した施設です。

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お盆」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kasunnn_ そーなんよ、、 お盆の後っていうのもあって なんともいえん、、😭 行けたらみんなで騒ご!!!

返信先:@sensee39 なんのためのお盆なんだろ🙄www

Twitterかぐ姉@LiebaiLe@kaguya37

返信 リツイート 2分前

最近幸せすぎて毎日幸せ更新状態だし お昼とか夜遅くまで電話するの楽しいし とりあえずはやくお盆きてほしい

なーマジで夏になったら5時半出勤の日が増えるって言うけどマジでこんなクソみたいな仕事GWもお盆休みも正月休みもないんやから給料上げないと新入社員なんか誰も入ってこねえよ やめたろかぼけ

大阪、回数行ってる割には回数行っているという事実こそが油断を呼び行きたいところに行けてない節があるのでそれらを消化していきたいと考えるものの、かといってお盆に決行すべき事案ではない気がしている。

返信先:@sakai_kay1 お弁当、お褒めいただきありがとうございますー☺️💕 蓋を開けたときに気分が明るくなると良いなぁとか思いながら詰めました😚 朝早い出勤は、お盆とお正月だけなんですが、私たちが帰省するときとかぶっちゃうので、負担かけちゃってるんじゃ💦といつも心配です😓💧

Twitterまるなみ@LINEスタンプ販売中@ukiyuki28

返信 リツイート 18分前

返信先:@yuri_jo30 普段はシフト制じゃないけど 夏は例外だから好きな時に有給とる✌️ お盆休みがあるのかいいね! お互い当たるといいね!!

Twitterあーちゃん🐹8/10.11@izone_a89

返信 リツイート 23分前

お盆まで低浮上かな、、

返信先:@natugen1 わかるー? もやっててんけど、木梨サイクルは源くんもチェックしてと電波に乗せてたし絶対に行くことにする。 彼が感じた空気、景色をこの目でみたい。 だけど。。。お盆にいくから。。。休みかも!!

Twitteryuming(ユーミン)@yuming0128

返信 リツイート 28分前