納骨堂について学ぶ

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか 従来のお墓に遺骨を納骨して安置するというスタイルをとらず、最近では管理が楽な納骨堂に遺骨を納骨して日常の管理から解放されるというスタイルが人気を集めています。
そこで気になるのは納骨堂にはどの程度の期間預けられるのかといった点でしょう。
細かい期間については預け先の寺によって大きく異なるのが現況です。
例えば一般的なのは三回忌や七回忌といった節目の周忌まで納骨堂で遺骨を管理し、その後は合同供養塔にて合祀をするというものです。
昔のように長い間法要を行う遺族というものが減ってきている現代では、短い期間の法要で終わらせるケースが多いためニーズに叶った供養をしてもらうことが可能でしょう。
なかには恒久的に遺骨を納骨してくれるという寺もあるため、大切なことは故人本人の生前の希望や、残された遺族がどの程度の期間納骨堂に遺骨を安置していて欲しいのかを最初に明確にしておき、希望に沿ってくれるお寺を選ぶことでしょう。

納骨堂の権利について

現在は社会背景によって、本人が無くなってから遺骨をお墓ではなく納骨堂を利用することが普通になっています。
昔はお墓を建てるまでの一時的な期間、納骨堂を利用するイメージが強かったのですが、現在では永代納骨する施設というイメージがついています。
この施設は墓地として都道府県知事の許可を受けている霊園や寺院に限られており、納骨の形式もその霊園や寺院の施設によって異なっています。
一般的にお墓と納骨堂には取得する権利に違いがあり、お墓の場合は、建てるときに永代使用権という権利を取得するのに対し、納骨堂は施設の中に遺骨を預かってもらう権利の遺骨の寄託契約をするといった権利の違いがあります。
施設の中には永代使用権が付与されているところもあり、この場合はお墓とほとんど変わりが無く、永久に使用できるのですが、三十三回忌や五十回忌の法要後に合祀される場合もありますので、跡継ぎがいないケースにはとても適した施設です。

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お盆」
に関連するツイート
Twitter

ちはるんから唐津に行けと神託があったから今年のお盆にでも行ってこようかな🤔 名古屋より南に下ったこと無いけど(笑) 友達誘っていこー(^-^)

しょーたんの誕生日リリイベかあ、積むか迷うなあ てか都内某所ってお盆の時期の遠征毎年きつい!笑

ワイントレーをお盆としか呼べない系ミレシアン

返信先:@kiyota_bs マツダ行きたいー!!今年狙ってる!!(笑) わたしオリックスです😢 激励パーティも行きます(笑) 京セラお盆とGWじゃなければ宿にしてくれていいですよ!(笑)

Twitter世界の💩のださん@a483828

返信 リツイート 7分前

去年のお盆ぐらいからソシャゲのおまけ目当てでソルリバを始めてこんなにゲーセンに通いつめることになるとは…(笑)サカイP最高に楽しいゲームを作ってくれてありがとう😌 #ソルリバ #ラストコードの記憶 pic.twitter.com/ph3rcEJLlL

Twitter比九須@ソルリバ・ソルゼロ@8fbrTV6Kn3xShvb

返信 リツイート 8分前

返信先:@mi19te4 十戒なら私がフリ付きでいつでも披露するからご要望があったらいつでも言ってね💋✨(うるせぇ)昼仕事に関する協調性まるでないことにここ2年くらいで気付いてさぁ〜ママもライブで休みたいのでそこは寛大よ🤗年末年始とお盆も休みにしちゃうわ🤗💕

返信先:@umimi6235 日本でいうお盆みたいなやつやな←?

夏休みはお盆かぁ婆ちゃんになんか買っていくかな、 埼玉…草加せんべい… そうか!せんべい(((((

てばさんの立ち絵ヤバヤバのヤバだし お盆に椿ついてる

そして迅さんは夢か、と判断してるだけでベイルアウトしてベッドにいるってわけかもしれないわけですよ つまり、今日これからお盆祭りで、風間さん太刀川さん嵐山くんとお祭りをして、もし同じことが起きたら もう分かるな?