納骨堂について学ぶ

納骨堂は天候に左右されず

納骨堂は天候に左右されず 近年では自宅から遠く離れたお墓に遺骨を納めるのではなく納骨堂に安置される人が多くなってきています。
お墓を建てる時には墓石代はもちろんですが、その場所の使用料も経済的に大きな負担となります。
そして、その管理も気持ちの負担となったりするのです。
そうなると、お墓に比べて費用の事や、物理的に遠くないことでいつでもお参りに行けるような所にある納骨堂を利用することになります。
誰もが行きやすい場所にあることが多いのでとても便利なのです。
それが都会にある場合には内部はバリアフリーになっていたり、冷暖房が完備されていたりと、天候なども気にすることなく行けるのです。
特に移動に時間がかかる所や、体が不都合になった場合などはお参りはしたいのだが天候により足元が悪くなり、なかなか行くことができないような場所にお墓がある所もあります。
その点からもより、亡くなった人といつでも会えて、話し合いができるような近い場所ということもたくさんの人に支持されているのです。

納骨堂の法要について

法事、法要とは故人の冥福を祈って、供養をする行事を言います。
意味としては現代ではほぼ同意とされていますが、昔は法事というのは供養の他に全ての仏教行事を指すもので、法要は追善供養のみのことを差しています。
ただ法事は追善供養に会食を含めたものという意味で捉えることもあります。
納骨堂における法事や法要はお葬式とは異なる部分も出てきます。
例えば服装に関してですが家や地域、また回忌によっても変わってくるので親族の間でも確認をしておく必要があります。
また光沢の強いものは避けたほうがいいと思います。
三回忌までは喪服を着用することが多く、それから平服にするのが一般的とされます。
派手な衣装は避け、地味な服を選びます。
納骨堂によって年忌法要を回忌毎に行ったり、月一回で合同供養を行ったりと違いがあります。
個別で受ける際は事前に納骨堂に連絡を入れてることで受け付けてくれます。
管理料金とは別に、別途料金がかかりますので事前に確認しておきます。

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「法要」
に関連するツイート
Twitter

葬儀、初七日の法要も一段落。亡くなったのは実兄で大派寺院の住職にして一族の長です。少なからず動揺もしました。が、その兄の長男が法義相続の次期住職として立派過ぎる位の成長ぶりで葬儀を勤めあげ、大安心。このツイッターにてもDMなどで多数のお悔やみをいただきありがとうございました。

返信先:@ikutayoshikatsu かつさん、#息抜きファミリー の皆さん、おはようございます。 今日は旧暦12月13日:赤口、初観音 18日は観音様の縁日、今日は「初観音」です。 浅草の浅草寺は、1月12日午前~18日の夕刻までの7日間に渡って大法要があり、18日の夕刻(5時以降)の「亡者送り」は必見です。

お譲りします。 DIAURA 単独公演 佳衣聖誕祭「dictatorial【K】ingdom IV」 日程:2019年2月7日(木) 会場:高田馬場CLUB PHASE 番号 :130番代 チケット代、手数料入れた5280円 取引方法要相談 リプではなくDMください。 取引方法の希望が合いそうなかた優先で🙇🏻‍♂️決まるまで残しておきます。

Twitter🍒🐑かいぬし🐏🍒@rurururi_

返信 リツイート 37分前

RT @goamigo0226: テクノ法要良かったです。生で見てよかった。朝倉住職以外にやってる方はいないのかな また来ていただけると嬉しいです pic.twitter.com/JqwDxCiVsQ

この後 安眠DBD 明日 ドキドキ文芸部プレイ配信 19日は 尚子さんの四十九日法要 #うんこちゃん #加藤純一 #予定

[お坊さん便] 法事法要手配チケット (移動なし) お坊さん便 amazon.co.jp/dp/B018HVTRXO/…

気がつくと母は倒れた箪笥の横に立っており、どうやって抜け出たか全く記憶にないらしい。 明るくなってから父と弟でその重い箪笥を持ち上げると、父と弟は驚いて大声で叫んでいた。早く見に来いと。 なんと、母の枕の上に前日の法要で使った数珠が綺麗に二個(父と母の数珠)並んでそこにありました。

RT @syorinzandaruma: 1月15日 だるまお焚き上げ供養法要が行われました。 一年間見守って頂いた、だるまさんや御札・御守りを御供養致しました。 一年の無病息災を祈願し、ご参拝の皆様とお焚き上げの炎にあたりました。 #少林山 #達磨寺 #少林山達磨寺 #…

震災の時の母の話 24年前の1/16、この日伯父さん(一昨日亡くなった伯父やうちの父親の兄)の法要があり、母は箪笥の上にその時の数珠を置いて就寝。 そして早朝、我が家を震度7の揺れが襲う。 母はとっさに布団を被るが大きな和箪笥の下敷きになる。あまりの重さに気が遠のき死を覚悟したそう。 続く

送られる方、送る方々双方のご希望に十二分に沿えるよう、 万全の体制を整えており通夜・葬儀から法要まで、24時間体制で信頼できるスタッフが対応致します。yokohamaseikosha.co.jp #yokohama #sougi #fuhou

Twitter誠行社葬祭南斎場@minamisaijyou

返信 リツイート 2:40